ブログ

「ロボカップジュニア2018」茨城ノード大会に出場しました!

11月23日(木)に土浦日本大学中等教育学校にて実施された「ロボカップジュニア2018・茨城ノード大会」に参加してきました。

結果ですが、エントリーした4部門全てで優勝!!上位チームは「関東ブロック大会」へ推薦されました。1月14日に実施されるまで時間がありますので、問題点の改良をしっかりと行ってもらい、ジャパンオープン出場を勝ち取ってきてほしいです!

IMG_5282

*****

★レスキューライン(ワールドリーグ)
 優勝:イッパンピーポー
 第3位:Chigakukan DJ

★レスキュー(日本リーグ)
 優勝:うどんですよ

★Onstage(ワールドリーグ)
 優勝:NEW GAME 2020
 第2位:ラーメンインザフューチャー
 第3位:スマイル

★Onstage(日本リーグ)
 優勝:うらしまひろショー
 第2位:ネイチャー
 第3位:わんぱく松竹梅

★特別賞
 Rookie賞:ジュニアカート4
 
*****

★レスキュー部門は、指定されたコース上に黒いラインが引いてあり、その上に様々な障害物があったり、ラインが切れていたりするなど、コースを攻略するためにセンサーとロボット構造、プログラムを上手く調和させなければなりません。最後は救助ゾーンと呼ばれるエリアに「銀色の玉」が5つあり、それを発見して持ち上げて、指定されたエリアに運ばなければなりませんので、技術が必要となります。

また、レスキュー部門は当日にコースが分かるため、午前中から競技前までの時間にセットアップをしながら試走を行い、午後から競技に備えます。試走を多く行うことで、何に問題があるのかを探しながらロボットを修正しなければなりません。ロボット競技会でありがちな、「大人がロボットを造って大会に出場」では意味がありませんので、選手たちはしっかりと調整をしながら悩んでいました。

IMG_8040

IMG_8031

★Onstage部門は、ロボットがダンスや演技を行うのですが、テーマが自由なため、演技内容やロボットの大きさ、プログラムの自由度が高く、その分想像力や企画力がないとまとめることができません。指定された時間内にロボットと人間が演技を行うパフォーマンスを審査員に評価されます。(フィギュアスケートのようなものです)

また、インタビューと呼ばれる「プレゼンテーション」も行われるため、チームで製作したロボットの構造や仕組み、プログラムの特徴など、自分たちで審査員にPRと説明をして、審査員からの説明をうけなければなりません。このインタビューも評価され、ロボット演技と合計され得点化されます。

そしてワールドリーグのエントリーチームは「OTD」と呼ばれるプレゼンテーションがあり、ステージ上で公開プレゼンを行います。インタビューは密室で非公開で行われますが、デモンストレーションは大人数の前で自分たちの特徴を話すので緊張したはずです。

IMG_0722

IMG_0775

IMG_0726

IMG_0742

ロボット競技会を通して、ゴール目標・計画立案・問題解決・実行力・チームワークなどを学んでいます。社会に出て、最も必要な力だと考えています。

関連記事

最近ニュース一覧

コース別最新ニュース検索

教育プログラムのご紹介

  1. レゴブロックを使って学ぶ
    レゴSCCIP教室
  2. ロボット工学の基礎を学ぶ
    ロボット教室
  3. ゲームは”創る” プログラミング
    プログラミング教室
  4. 「読む」「書く」日本語力を鍛える
    読書作文教室
  5. 理数の基礎を育む
    さんすう・理数教室
  6. 「速く」「正確に」読み解く力を
    速読教室
ページ上部へ戻る